【保存版】リッツ・カールトン大阪宿泊記★エグゼクティブスイートへアップグレード!
こんにちは!キラキラです。リッツ・カールトン大阪に宿泊しました。

リッツ大阪ではスイートルームへのアップグレードを受けたほか、朝食やプールも楽しむことができ、最上級のサービスを体験することができました。

この記事では、リッツ大阪のうち、エグゼクティブスイートの詳細をまとめました。

これからリッツ大阪に宿泊を検討している方に少しでも参考になればと思います。

では、さっそく見ていきましょう!

【あわせて読みたいリッツ大阪】

〜プール編〜
〜朝食編〜

    リッツ・カールトン大阪

    公式サイトより

    ザ・リッツ・カールトン大阪は、世界に30あるマリオットブランドの中でも最上位に位置付けられている「リッツ・カールトン」ブランドの1つです。

    マリオット・ボンヴォイは2022年3月までホテルのランクを1~8のカテゴリで区分していましたが、リッツ大阪は「カテゴリ7」を獲得しました。

    2022年時点でリッツ・カールトンは国内に6軒しかありません

    国内のリッツ・カールトン一覧 ()内は開業年

    ・ザ・リッツ・カールトン大阪(1997)←今回宿泊
    ・ザ・リッツ・カールトン東京(2007)
    ザ・リッツ・カールトン沖縄(2012)←宿泊記
    ザ・リッツ・カールトン京都(2014)←宿泊記
    ザ・リッツ・カールトン日光(2020)←宿泊記
    ・東山ニセコビレッジ・リッツ・カールトン・リザーブ(2020)

    ※海外編:ザ・リッツカールトン・レジデンスワイキキビーチ←宿泊記

    リッツ大阪は1997年に完成したハービスOSAKAオフィスタワー内にある国内第1号のリッツカールトンです。

    ホテル基本情報

    ▶︎所在地:大阪市北区梅田2丁目5番25号
    ▶︎客室階:24〜37階
    ▶︎客室数:291室(うちスイート54室)

    アクセス

    リッツ大阪は梅田駅から徒歩5分と好立地

    google earth

    客室・スイート

    リッツ大阪の客室とスイートの種類はこちら↓

    客室は6種類、全239室

    ボトムのスーペリアでも43平米とかなり広め

    公式サイトより

    スイートは7種類、全室54室

    サイズはジュニアスイート64平米〜リッツ・カールトンスイート233平米

    公式サイトより

    リッツ大阪の一番の特徴はスイートの種類の多さです。

    スイートは全室の約2割を占め、最も小さいジュニアスイートでも64平米もあります。

    さらにトップスイートは233平米もあり、梅田のど真ん中にあるホテルでこの広さはとっても贅沢!

    宿泊予約

    ※以降は2022年10月に宿泊した際の内容になります。

    今回、マリオットポイントを使いボトムのスーペリアを予約

    マリオットアメックスの更新特典(最大50,000P)に手持ちのマリオットポイントを足して予約しました。

    このTop Offという予約方法は更新特典でもらえる無料宿泊特典を有効に使えるので非常にオススメです。

    スーペリア

    リッツ大阪ではボトムの必要ポイントは5~6万ポイント程度と、リッツ・カールトンブランドの中では比較的リーズナブルです。

    また、リッツ大阪はマリオット・ボンヴォイエリートで部屋のアップグレードの対象となります。

    エリート特典

    マリオット系列ホテルでは、ロイヤリティプログラム(規約)に基づき、年間の宿泊実績に応じて5段階のエリートが設定されており、各エリートの特典が公表されています。

    リッツ大阪ではプラチナ以上で以下の特典を受けることができます。

    エリート特典(プラチナ以上)

    ▶︎ポイントボーナス:
     プラチナで50%ボーナス
     チタン、アンバサダーで75%ボーナス
    ▶︎レイトチェックアウト:
     最大午後4時まで         
    ▶︎ウェルカムギフト:
     1滞在あたり1,000ポイント付与
     1滞在1部屋につき2,000円分クレジット


    ▶︎アップグレード:
     一部スイートを含む

    チェックイン

    リッツ大阪のフロントやロビーはとってもクラシック!

    西洋の家具や絵画、工芸品など数々あり、その一つ一つに目を奪われます。

    さっそくフロントでチェックイン手続きをし、スタッフから施設案内などの説明があった後、

    お部屋はエグゼクティブスイートになります
    エグゼクティブスイート(公式サイトより)
    うっとりするほどの上質なスイート!

    エグゼクティブスイートは76平米もある角部屋で、上から3番目のランクのスイートです。

    ボトムの部屋をポイント予約した結果、こんなすごい部屋にアップグレードしていただけるとは想定外!

    参考までに宿泊日当日の有償料金を確認したところ、12万円以上、、、

    それではエグゼクティブスイートの全貌を公開します。

    エグゼクティブスイートの概要

    アサインされたお部屋は29階

    エレベーターホールから最も離れた2918号室で、フロアマップから他の部屋と大きさが違うことがわかります。

    部屋の構成はリビングルーム、バスルーム、ベッドルームの3つ

    それでは各部屋の詳細を見ていきましょう。

    リビングルーム

    エグゼクティブスイートのリビングルームは縦長

    タップして動かせます↓

    存在感のあるソファや照明が特徴的

    クラシックなデスクもあり、デスク側面に電源やUSB等が接続可能となっている

    ウェルカムスイーツはマカロンやリッツオリジナルのチョコなど盛りだくさん!

    ミニバーや冷蔵庫のドリンクはエリートに関わらず全て有料

    バスルーム

    浴室は全面が大理石で覆われた造り

    バスソルトはフランス製でカモミール、ラベンダー、ローズの3種類から選べる

    バスタブは大人1人がゆっくり浸かることができるほどの大きさ

    アメニティはアスプレイ製

    水廻りまでクラシックな雰囲気でこだわりが感じられる

    ベッドルーム

    ベッドルームの最大の特徴は角部屋から梅田の夜景が一望できること

    カーテンを開けっ放しにしたくなるほど、輝かしい夜景です。

    もちろん、日中の景色も最高ですが夜景は比にならないほど素晴らしい!

    ベッドはシーリー社製オリジナルベッドで、かなり寝心地がいいです。

    今回、子供の誕生日を記念して宿泊したところ、ベッドにかわいいライオンが!

    スタッフの皆さん一人一人のおもてなし精神の高さが感じられました。

    添い寝の条件

    リッツ大阪は小学生以下は収容人数にカウントされないため、小学生以下なら添い寝は無料

    スイートへのアップグレード方法

    マリオット・ボンヴォイの会員であれば、エリートが高いほどアップグレードされる確率は上がります。

    ただし、リッツ・カールトンブランドはどのホテルにおいてもアップグレードは厳しめです。

    私がこれまでリッツ・カールトンを複数宿泊した印象として、スイートにアップされやすくためには平日宿泊かつチタンエリート以上であることが重要だと思います。

    もちろん、リッツ・カールトンブランドも国内に複数あり、スイートの数も異なるので一概にはいえませんが、稼働率が比較的低いタイミングでエリートが高いほど、スイートへアップされやすくなる傾向があります。

    その他、各種記念日に宿泊することをあらかじめホテル側に伝えておくことも有効です。

    もっとも、スイートへのアップグレードは当日の空き状況によってホテル側の厚意によるサービスであることをお忘れなく!

    おわりに

    リッツ・カールトン大阪のお部屋はいかがでしたか?

    有償では高めですが、ポイント宿泊でお得に利用することができるホテルです。

    特別な日にご家族やパートナーとともに時間を気にせずホテルでゆっくり過ごしたい、そんなときに最適なホテルです。

    さらに、マリオットアメックスを利用すれば、レイトチェックアウトなどさまざまなエリート特典を受けることができます。

    今ならマリオットアメックス既会員からの紹介限定特典で最大45,000ポイントを獲得できるキャンペーンが実施中です。詳しくはこちら

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事