【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
キラキラ
こんにちは!同じ幸せを得られるなら安い方がいいをモットーに、マイルやポイントを活用し,家族で国内外の高級ホテルに何度も宿泊している40代サラリーマンです。

おそらく大半の人はこう思っているでしょう

「ANA国内線の特典航空券を取るにはANAマイルを貯めるしかない」

この記事はこう思っている方にぜひ読んでいただきたい

最後まで読めば、いかにUAマイルが優れているかわかります!

【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空
    公式サイトより

    ユナイテッド航空(以下、UA)は米国シカゴに拠点を置く世界最大手の航空会社で、売上高ランキングでもアメリカン航空、デルタ航空、ルフトハンザ航空に次いで世界4位。

    本拠アメリカ合衆国
    略称UA
    アライアンススターアライアンス
    マイレージMileagePlus

    航空会社のグループであるアライアンスは、ANAやルフトハンザなどが加盟する世界最大のスターアライアンスに属しています。

    スターアライアンス
    スターアライアンス一覧(ANA公式サイトより)

    日本の就航都市は羽田、成田、中部、関空、福岡の5都市

    最新のプレスリリースはこちらから確認できます。

    UAマイルのメリット

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
    そもそもUA便に乗らないし、国内線ならANAやJALの方が慣れている

    このような方にハッキリ言っておきます。

    UAマイルはANAやJALよりもメリットが多い

    細かいメリットは割愛して、とっても重要な3つのメリットを紹介します。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    変更・キャンセル手数料が無料

    ANAやJALの場合、利用者の都合で特典航空券をキャンセルする場合、払い戻し手数料としてマイルまたは現金が差し引かれます。

    一方、UAは国内線、国際線ともに特典航空券の払い戻し手数料が一切かかりません

    特典航空券 キャンセル手数料

    UAは以前までキャンセル手数料が最大125ドルかかりましたが、2023年1月から変更またはキャンセルに伴う手数料は完全無料に。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
    ユナイテッド航空公式サイトより

    国内線必要マイルがANAより安い

    UAマイルは同じアライアンスに属するANAの国内線や国際線の特典航空券を発券することができます。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    UAマイルを使ったANA便の特典予約にはUA公式サイトであらかじめマイレージプラス会員の登録が必要です。

    会員登録はUA公式アプリからも可能

    ユナイテッド航空
    ユナイテッド航空
    開発元:United Airlines
    無料
    posted withアプリーチ

    会員登録後、UA公式サイトまたはアプリで特典予約をします。

    公式サイトでは「マイルを使って予約」にチェック↓

    ユナイテッド航空 公式サイト
    UA公式サイト

    ANA便の特典予約は国内線、国際線ともに可能ですが、国際線はANAより必要マイルが高いため、お得感はありません。

    お得なのはUAマイルを使ったANA国内線の特典予約

    その理由は同じANA国内便に乗るのに本家のANAより必要マイルが少ないこと

    なぜそんなことが起きるかというと、ANAとUAでは必要マイルの設定基準が異なるからです。

    ANAはシーズン制を採用しており、繁忙期や閑散期など搭乗時期で必要マイルが一律で決まり、原則としていつ予約しても変わりません。

    一方、UAは期日制を採用しており、搭乗時期に関わらず予約日が出発から20日以内か21日以上前かで必要マイルが決まります。

    ANAUA
    シーズン制
    (ロー・レギュラー・ハイ)
    期日制
    (出発20日以内、出発21日以上前)

    ここで、東京(羽田)〜那覇のANA便を例にANAとUAの必要マイルを比較します。

    必要マイル比較 ANA UA

    ANAはロー(閑散期)、レギュラー(通常期)、ハイ(繁忙期)のシーズンにより、必要マイルがそれぞれ7,000、9,000、10,500

    シーズンの具体的な時期はANA公式サイト

    一方、UAマイルは出発21日以上前の予約で8,800、出発20日以内の予約で9,600

    つまり、UAマイルを使ったANA羽田〜那覇線はハイシーズンの出発を21日以上前に予約するのがベストで、ANAマイルを使うより最大で約16%安くなります。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
    これは他の路線にもいえる法則で、少ないマイルで特典予約をしたいときにUAマイルはとても有効です

    特典予約できる時期がANAより早い

    UAマイルの3つのメリットで最大なのがこれ!

    ANA国内線の特典予約をANAマイルでするかUAマイルでするか、最も効いてくるのが予約開始時期

    ANAの特典航空券は、3月最終日曜日〜10月最終日曜日の前日を夏ダイヤ、10月最終日曜日〜3月最終日曜日の前日を冬ダイヤと時期を2期に分けて販売しています。

    特典航空券は約2ヶ月前からステータスに応じて先行予約が可能で、夏ダイヤは1月下旬、冬ダイヤは8月下旬に開始します。

    一方、ユナイテッド航空でANA便を予約するのは国際線扱いとなるため、UAマイルでANA便を予約できるのは336日前から可能です。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    この違い、どれだけ大きいか具体的に説明すると、

    例えば、11月1日に出発するANA国内線を最速で予約できるのはANAマイルの場合、8月下旬

    これに対し、UAマイルなら前年の12月1日から可能。

    つまり、約270日も前から特典予約できるんです!

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    UAマイルのメリット3選

    ✔︎変更・キャンセル手数料
    ANA国内線や国際線に関わらず完全無料


    ✔︎ANA国内線にUAマイルを使う場合
    出発21日以上前に予約するとお得!

    ✔︎ANA国内線にUAマイルを使う場合
    ANAマイルより最大約270日も早く予約できる

    UAマイル、ANA国内線に使うとめちゃくちゃお得ですよね?

    このほかにも、マイルの有効期限がないことや、国際線の燃油サーチャージが無料など、ANAやJALに比べて有利な面が多いのがUAの特長です。

    マリオット会員はUAの優遇を受ける

    UAは既存の顧客だけではなく、提携する会社の利用者にもメリットがあります。

    UAは世界最大手のホテルチェーン「マリオットインターナショナル」と業務提携しており、マリオットのホテルプログラムマリオットボンヴォイの会員向けにさまざまなサービスを提供しています。

    ここではマリオット会員向けの2つの優遇について紹介します。

    マリオット ユナイテッド 連携

    ステータスマッチができる

    ステータスマッチとは、提携関係にある会社同士が、一方の会社の上級会員の顧客獲得のために行うサービスで、一般的に航空会社とホテルチェーンで行われています。

    ステータスマッチのメリットは航空会社、ホテルチェーン、ホテル上級会員のすべてがWIN-WIN-WINになるということです。

    ステータスマッチとは 仕組み

    3者のメリット

    ✔︎ホテル上級会員:航空会社の特典を獲得できる

    ✔︎航空会社:ホテル上級会員に特典を与えることで新たな顧客獲得につながる

    ✔︎ホテルチェーン:ステータスマッチを動機付けに上級会員をめざす顧客獲得につながる

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
    要は特典をちらつかせたフライト利用者の囲い込み戦略です

    航空会社のしたたかな戦略はあるにせよ、ホテルの上級会員からすればお得でしかないので、せっかくなら利用したいサービスです。

    ユナイテッド航空では、マリオットやヒルトン、インターコンチネンタルなど複数のホテルチェーンと業務提携しています。詳しくはこちら

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    マリオットとのステータスマッチとしては、エリートのうちチタンとアンバサダーにUAのプレミア資格(シルバーステータス)を獲得でき、ワンランク上のサービスを受けることができます。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
    マリオット公式サイトより

    シルバーステータスの特典は以下の通り

    UA ステータス
    ユナイテッド航空公式サイトより

    UA便のシートの無料アップグレードや手荷物が無料になるなど特典がもらえます。

    マリオットのチタンとアンバサダーはマリオットの公式サイト(英語)からステータスマッチができます。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
    ちなみに私はマリオットチタンエリートなので、ステータスマッチによりUAのプレミアシルバー会員です。
    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    マリオットポイントの交換率が高い

    マリオットポイントは国内外の航空会社約40社のマイルに交換できます。

    交換比率は3:1を基本としており、3,000ポイントを交換した場合1,000マイルとなります。

    ポイント交換にあたり、マリオットはUAに対してのみ優遇しており、2023年3月6日までマリオットポイントをUAマイルに交換すると10%のボーナスマイルを獲得できました。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    2023年3月7日からは交換比率は他社と同様に3:1になり、10%ボーナスマイルは廃止

    これだけ聞くと改悪と思うかも知れませんが、同時に超絶うれしいサービスが始まりました。

    UAマイル交換限定特典

    マリオットポイントを60,000P単位でUAマイルに交換
    ▶︎ボーナス10,000マイル獲得

    UA ボーナスマイル

    通常、マリオットポイントは60,000P単位で航空会社のマイルに交換する場合、ボーナスで5,000マイルがもらえます。

    2023年3月7日からはUAマイルへの交換限定でボーナス10,000マイルがもらえることになりました。

    マリオット UA ボーナスマイル 仕組み

    つまり、通常3:1の交換比率が実質2:1になり、

    還元率は33%▶︎50%

    マリオットポイント60,000Pの交換で、他社に比べて1.67倍も多くマイルがもらえるのは非常にメリット!

    マリオット会員の優遇措置

    ✔︎チタンやアンバサダー会員には
    ステータスマッチ付与(UAシルバーステータス)

    ✔︎マリオットポイント60,000PをUAマイルに交換(全ての会員対象)
    20,000+ボーナス10,000=30,000マイル獲得

    さらに30%増量キャンペーン!(2023.10.31終了)

    期間限定でマリオットポイントからUAマイルに交換するとボーナスマイルが30%もらえるキャンペーンが開催!

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    2023年10月1日午後1時から10月31日までの間、ユナイテッド航空専用サイトから登録の上、マリオットポイントをUAマイルに移行すると30%ボーナスマイルが獲得できます。

    30%ボーナスマイル増量キャンペーン

    ◼️特典:提携ホテルのポイントをUAマイルに移行すると、獲得マイルが30%増量
     ※ボーナスマイルは最大25,000マイル
     ※ボーナスマイルは2024年1月31日までにユナイテッド航空の会員アカウントに付与
    ◼️条件:日本時間10月1日13:00〜11月1日12:59の間にポイントを移行
    ◼️登録:キャンペーンエントリー必要

    提携ホテルの一覧は以下の通り

    交換率が高いマリオットポイントが有利です。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    マリオットポイント60,000Pを交換すると通常30,000マイル+30,000×30%=9,000マイルで合計39,000マイルを獲得できます。

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    つまり、交換率は65%!

    これはマジですごい。。。

    この39,000マイルがどれだけお得か、ANAマイルと比較してみましょう。

    マリオットポイント60,000Pをマイルに交換する場合、ANAは25,000マイル、UAは39,000マイルとなります。

    例えば、獲得マイルで羽田から那覇のANA便を特典予約する場合、ANAは1人往復で21,000マイルを消費、UAは1人往復で17,600マイルを消費します。

    つまり、マリオットポイント60,000PをANAマイルに交換するのとUAマイルに交換するのとでは、マイルを使える人数が2倍も違うことに!

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

    これが家族連れならかなり大きな差になります。

    マリオットポイントからUAマイルに交換を考えている方はぜひこの期間に!

    UAマイルのベストな貯め方・使い方

    以上を踏まえ、UAマイルのベストな貯め方・使い方はこちら↓

    UAマイル お得な使い方

    マリオットポイントは、マリオットアメックスの決済ポイントが毎月1回マリオットポイントへ自動移行され、ポイントがどんどん貯まります。

    また、マリオットポイントはポイントサイトのモッピーからポイント交換することでも貯まります。

    ポイントは1モッピーポイント=1マリオットポイントで等価交換となり、最低1,000ポイントから交換可

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
    モッピー公式サイトより

    マリオットポイントが60,000Pまで貯まったら、一気にUAマイルに交換しボーナス10,000マイルをゲットしましょう!

    そして通常交換マイルを加えた30,000マイルを使い、出発21日以上前に予約すれば完了!

    まとめ

    ANA国内線は
    ✔︎マリオットポイントを60,000P単位で交換し
    ✔︎UAマイルで
    ✔︎出発21日以上前に特典予約

    が超絶お得

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方
    UAマイルの魅力、伝わりましたか?

    UAマイルを貯めて、楽しい旅行を実現させましょう!

    今ならマリオットポイントを最大45,000ポイント獲得できるキャンペーンを実施中です。詳しくはこちら

    【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

      6,000Pの価値は決済20万円分もあります!

      【2024最新】UAマイルはマリオットポイントを交換してANA国内線で使え!賢い貯め方

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事