【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
こんにちは!キラキラです。リッツ・カールトンワイキキに宿泊しました。

リッツワイキキではスイートで快適な空間を満喫できたほか、朝食やプールを楽しみ、最高のホスピタリティを体験することができました。

この記事では、リッツワイキキのうち、客室の特徴をまとめました。

これからリッツワイキキに宿泊を検討している方に少しでも参考になればと思います。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

では、さっそく見ていきましょう!

【あわせて読みたいリッツワイキキ】

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
〜プール編〜
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
〜朝食編〜

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

リッツ・カールトンワイキキ

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
公式サイトより

ザ・リッツ・カールトンレジデンス・ワイキキビーチは、世界に30あるマリオット・ボンヴォイのブランドの中でも最上位に位置付けられている「リッツ・カールトン」ブランドの1つです。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

なお、2022年時点でリッツ・カールトンは国内に6軒しかありません

国内のリッツ・カールトン一覧 ()内は開業年
ホテル基本情報
開業:2016年7月
客室数:552室(エヴァタワー:307室、ダイヤモンドヘッドタワー:245室)
フロント:8階
所在地:383 Kalaimoku Street Waikiki Beach, HI 96815
連絡先:+1 (808) 922-8111
    rcrwb.efolio@ritzcarlton.com

リッツワイキキはワイキキビーチから少し離れたクヒオ通り沿いに位置しており、ホテル周辺にはシャネルやグッチ、ボッテガ・ヴェネタなどのハイブランドの路面店が並んでいます。

ワイキキビーチに近いカラカウア通りからは少し離れており、とても落ち着いた雰囲気のエリアにあります。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
ビーチまで徒歩で10分足らずで着くので、不便さは感じませんでした

フロア構成

リッツワイキキは、エヴァタワー(2016年7月〜)とダイヤモンドヘッドタワー(2018年10月〜)の2棟から構成されており全室オーシャンビューです。

さらに、それぞれのタワーでは中層までの「デラックス」、高層の「グランド」、最上層の「プレミア」の3種類のフロアから構成されています。

エヴァタワーとダイヤモンドヘッドタワーにおける3クラスの該当階はこちら↓

タワーデラックスグランドプレミア
エヴァ9〜22階23〜32階33〜36階
ダイヤモンドヘッド10〜25階26〜34階35〜36階

外から見るとこんな感じ↓

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

2つのタワーは独立しているわけではなく、8階にあるロビー階まではつながっています。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
Google Earthを引用・加工
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
館内マップより

チェックインはエヴァタワーにあるフロントデスクで行い、その後、客室はエヴァタワーかダイヤモンドヘッドタワーかに振り分けられます。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
8階フロント

ダイヤモンドヘッドタワーへは屋外の連絡通路を使用

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
2つのタワーの連絡通路

両方のタワーは独特のアーチがかかっているため、部屋によって見える景色が変わってきます。

私が宿泊したエヴァタワーの部屋からはワイキキビーチのうち、ロイヤルハワイアンホテルまではギリギリ見ることができました。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
エヴァタワーの視野(Google Earthを引用・加工)

一方、ダイヤモンドヘッドタワーでは部屋の種類にもよりますが、ワイキキビーチ側を向いている部屋が多いので、ダイヤモンドヘッドまで見ることができます(ダイヤモンドヘッドが必ず見られるというわけではありません)。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
ダイヤモンドヘッドタワーの視野(Google Earthを引用・加工)

リッツワイキキでは客室を予約する際、タワーを選ぶことはできません。

客室からの眺望にこだわりたい方は、予約時にタワーをリクエストしてみるのも良いかもしれません。

チェックポイント

✅リッツワイキキは2つのタワーと3種類のフロアから構成
✅2つのタワーからの眺望は若干異なる

次に宿泊可能な部屋を見ていきましょう!

客室・スイート

宿泊可能な部屋の種類はこちら↓

客室名写真面積ポイント宿泊
オーシャンビュー
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
38m2
シティオーシャンビューコーナー【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開45m2
デラックス・オーシャンビュー【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開40m2
グランド・オーシャンルーム1キング【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開57m2
デラックスオーシャンビュースイート【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開58m2
デラックス・オーシャンビューコーナースイート【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開60m2
デラックス・オーシャンビュー・2ダブルベッドスイート【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開70m2
グランド・オーシャンビュールームスイート【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開78m2
デラックス・オーシャンビュー・2ベッドルームスイート【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開105m2
グランド・オーシャンビュー・2ベッドルームスイート【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開95m2
グランド・オーシャンビュー・3ベッドルームスイート【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開140m2
プレミア・オーシャンビュー・3ベッドルームスイート【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開149m2

客室の間取りはハワイの不動産物件サイトCrossover Internationalから引用しました。

各フロアでは、ベッド数により部屋サイズが異なります。

エヴァタワーの間取りはこちら↓

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
エヴァタワー

ダイヤモンドヘッドタワーの間取りはこちら↓

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
ダイヤモンドヘッドタワー

リッツワイキキではマリオットポイントを使った宿泊も可能です。

ポイント宿泊が可能な客室はこちら↓

ポイント宿泊

✅低層階のオーシャンビューまたは中層階のデラックス・オーシャンビューの2つから選択可能

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
オーシャンビュー
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
デラックス・オーシャンビュー


✅上記2室に加え、期間限定でデラックス・オーシャンビュースイートグランド・オーシャンビュールームスイートグランド・オーシャンビュー・2ベッドルームスイートも選択可能(2022年時点)

エリート特典

マリオット系列ホテルでは、ロイヤリティプログラム(規約)に基づき、年間の宿泊実績に応じて5段階のエリートが設定されており、各エリートの特典が公表されています。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

リッツワイキキはポイントボーナスとレイトチェックアウトの特典があります。

ただし、リッツワイキキは通常のマリオット系列ホテルと特典の取り扱いが異なり、無料の朝食や客室のアップグレードはありません

これだけ聞くと残念が感じですが、メリットもあります。

モアナサーフライダーやロイヤルハワイアンホテルなど、ホノルルにあるホテルではリゾートフィー(Resort Fee)という宿泊料とは別にサービス利用料が徴収されます。

これは、有償宿泊やポイント宿泊に関わらず別途徴収されるもので、例えば、ロイヤルハワイアンホテルではリゾートフィーが42ドル(税込49.55ドル)かかります。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
ロイヤルハワイアンのリゾートフィー

しかも、1泊ごとに徴収されるため、連泊すれば2倍、3倍となり、少々痛い出費になります。

一方、リッツワイキキではリゾートフィーが一切かかりません

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
浮いたお金で朝食が食べられると考えれば全く問題ないです!

チェックポイント

✅リッツワイキキのエリート特典
 ポイントボーナス(最大75%)、レイトチェックアウト(最大午後4時):対象
 無料朝食、客室アップグレード:対象外
リゾートフィーは徴収されない

宿泊予約

※以降は2022年7月に宿泊した際の内容になります。

リッツワイキキでは客室のアップグレードがないため、宿泊したい客室があれば直予約するしかありません。

今回はどうしてもグランドフロアのスイートに宿泊したかったので直予約しました。

その理由は「高層階からのオーシャンビューを体験したい」「円卓付きの部屋で食事をしたい」

宿泊した時期はコロナ禍で円安物価高と海外旅行をするには非常に不利な状況。

その中でもゆっくりホテルステイでき、食事はリーズナブルに済ませたいと考えた結果、お部屋くらいは贅沢しよう!となりました。

予約したのは「グランド・オーシャンビュールームスイート」

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
公式サイトより

部屋のサイズは76m2で、ラナイ(テラス)15m2を含めると90m2を超える広さ

それでは部屋の様子を見てきましょう!

客室まで

まず1階受付でウェルカムレイ(首飾り)をいただきました。

子供は右のネックレスでとっても可愛い!

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

アサインされたのはエヴァタワーの高層階に位置する27階

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

エレベータにあるパネルに目的階数を入力し、ルームキーをパネルにかざすと指定されたエレベータが開くというシステム(動画付き↓)

他のフロアにはアクセスできないようになっているため、セキュリティがとてもしっかりしています。

客室フロアの通路

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

お部屋は#2705

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

キッチン

ドアを開くとまず最新鋭のキッチン

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

キッチンの向かいには観音開きの扉

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

左半分はクローゼットでアイロンと台がありました。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

右半分は乾燥機付きの洗濯機で洗剤もついています

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

グランドフロアのキッチンはダークブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気

調理台は大理石

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

上部の棚には器や皿、ワイングラスやコップのほか、ケトルやトースターまで完備

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

下部にはワインセラーやカトラリー、鍋や包丁、まな板など

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

滞在中、最も使ったのがMiele社製のオーブントースター。テイクアウトしたピザや日本から持参した電子レンジ対応のご飯などで活躍しました。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

食洗機のほか新品の洗剤やスポンジまで完備。冷蔵庫もMiele社製

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

ちなみに、ペットボトルの水は必要な分だけ何度もリクエストすることができます。

リビング・ダイニング

画像はタップして動かせます↓

※360°画像内の左下にあるマークをタップすると停止・再生を切り替えられます。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

リビングは3人掛けのソファとチェア、テーブルがあり、ナチュラルな色で統一されています。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

55インチのテレビとデスク

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

デスクにはウェルカムギフトとしてパイナップルのグミと大きめのトートバッグ

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

ダイニングは4人掛けのテーブルで、家族で使うには十分な大きさでした。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

寝室

寝室にはキングベッドでこちらにもテレビが備え付き

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

ベッドからもワイキキビーチが一望できるというなんとも贅沢な眺め

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

寝室とリビングはドアで間仕切りが可能

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

キングベッドはシモンズ(Simmons)社製のBeautyrest Black

大人2人がゆったり寝られる大きさで寝心地はあまりに快適!

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
次の日は朝早めの予定がありましたが、家族で爆睡してしまいました。。
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
家族全員ベッドで寝られる?

リッツワイキキのソファはベッドにもなり、大人2人まで寝ることができます。

フロントにリクエストすると、ソファをベッドメイキングしてくれます。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
BEFORE

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
AFTER

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

キングベッドと合わせると、大人2名、子供2名なら余裕で寝られます。

浴室・トイレ等

浴室には2人がゆったり入ることができるくらい大きめのバスタブでとっても綺麗

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

アメニティはフランスのフレグランスブランドDiptyque社製のフィロシコス(philosykos)

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

シャンプーやリンス、コンディショナーはフィロシコスで統一

リッツワイキキでは、CO2削減のため滞在ごとボトルを変えず、お客が使用した分だけ補充しています。

これらは全て、ダイヤモンドヘッドタワー内のスパショップで購入することができる。

ボトルを持ち帰ると60ドル請求されるのでご注意を⚠️

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

洗面台は2人用となっており広々

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

ボディクリームや石鹸もフィロシコス

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

トイレはリモコンタイプのTOTOウォシュレット

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

トイレの隣にはウォークインクローゼット

スーツケースなどの荷物は全てここに収まりました。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

ラナイ

グランドスイートのラナイの最大の特徴はその広さ

15m2もありワイキビーチを一望できます。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

ラナイからのオーシャンビューの動画はこちら↓

目の前を遮る建物が全くないため、とっても開放的な景色が広がります。

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

ワイキキの夜景も堪能でき、最高の時間を過ごすことができました!

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
滞在中、ゆっくりラナイからのオーシャンビューを楽しむことができたのが良い思い出でした

家族やカップルでゆっくり贅沢な時間を楽しみたい方には超絶おすすめな部屋です。

おわりに

リッツ・カールトンワイキキのスイートはいかがでしたか?

最新の設備が整い、非常に綺麗な部屋でゆっくりとした時間を過ごすことができ、ホスピタリティが高い部屋でした。

特別な日にご家族やパートナーとともに時間を気にせずホテルでゆっくり過ごしたい、そんなときに最適なホテルです。

さらに、マリオットアメックスを利用すれば、レイトチェックアウトなどさまざまなエリート特典を受けることができます。

今ならマリオットアメックス既会員からの紹介限定特典で最大111,000ポイントを獲得できるキャンペーンを実施中です。詳しくはこちら

【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開

    【保存版】リッツ・カールトンワイキキ★No.1絶景グランドスイートの全貌公開
    紹介経由で申し込むと通常申込より6,000Pも多くもらえるのでお得!

    紹介ポイント6,000Pの価値は決済20万円分もあります!

    紹介ポイント 6000P 20万円 価値

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事